日経225先物

CFD証券会社を比較して口座開設しよう

紹介している証券会社 7件
証券会社へのコメント 24件

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加→IE Firefox のお気に入りに追加


トップページ > 日経225先物

日経225先物



CFDを日経225先物(日経225先物mini)と比べてみます。

日経225先物では、最低1000単位からの取引が基本です。(日経225先物miniは100単位)
日経平均株価が10000円なら、1000万円分が1単位です。
1000万円分の取引というと、ちょっとおおごとオオゴトで気が引けてしまいます。
取引時間は9:00〜11:00、12:30〜15:10、16:00〜20:00です。

ではCFDで日経平均株価を取り扱うとどうなるでしょう。
JAPAN225株価指数CFDというCFD銘柄があります。
こちらは最低1単位から取引できます。
つまり日経平均株価が10000円なら、10000円から取引できます。
日経225先物と比べて気が楽ですね。
さらに取引時間は9:00〜11:00、12:30〜13:10、17:00〜翌朝6:15です。
深夜でも取引できるということは、米国や欧州での株価の動きを見ながら、日経平均株価の予想ができると言うことです。

では、手数料は?
日経225先物は証券会社によって異なりますが、片道300〜1000円くらいです(1000単位)。
日経225先物miniなら100円くらいです(100単位)。
JAPAN225株価指数CFDではこちらも証券会社によって異なりますが、片道(実質)10円くらいです(1単位)。
単純に1000単位取引するなら日経225先物が手数料では安くなるかもしれませんね。
JAPAN225株価指数CFDは手数料面で割高になる恐れがあります。
ですが、少単位の取引が出来る面を考えると、CFDは魅力あふれる金融商品であることは間違いありませんね。



<< 国内株式 | 日経225先物 | GMOクリック証券取引 >>

正当なCSSです!

お問い合わせは「info(アットマーク)cfd-fx.com」までお願いします。

トップ相互リンクサイト様