CFD取引3要素について

CFD証券会社を比較して口座開設しよう

紹介している証券会社 7件
証券会社へのコメント 24件

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加
お気に入りに追加→IE Firefox のお気に入りに追加


トップページ > CFD取引3要素について

CFD取引3要素について



CFD取引では「レバレッジ」「流動性」「ボラティリティー」の3つの要素を理解して取引しましょう。

1.「レバレッジ」とは証拠金を預けることで、元本の何倍ものポジションを建てられる取引のことを指します。
  3つの要素の中で、一番投資家自身でコントロールできるところです。
  ポジションを小さくするなど自己コントロールしましょう。

2.「流動性」とは売買取引の量のことをいいます。売買のしやすさです。
  売買したいときにできなくなってしまうことがあります。
  どうしても売買したいときに流動性が無くなってしまう場合が多くみられます。

3.「ボラティリティー」とは値動きの変動の激しさです。
  低いほうがいいと思うかもしれませんが、
  短期取引ではボラティリティーが高いほうが値幅取りはしやすいと思います。

難しい概念ですが、これら3つの要素は独立してるのではなく密接に絡み合っています。


<< 広範囲な取引時間 | CFD取引3要素について | レバレッジについて >>

正当なCSSです!

お問い合わせは「info(アットマーク)cfd-fx.com」までお願いします。

トップ相互リンクサイト様